スララーナの成分は?Tie2の働きを活発にする3つの力の正体!

スララーナの成分はどんなものが配合されているのだろう?体に取り入れる物だけに使っている成分が気になるのよね。

こんな疑問はありませんか?

たしかに、サプリメントは毎日の食事だけでは不足気味な栄養素を補える便利なものですが、その反面口に入れるものなので、使っている成分が気になるという方もいるかと思います。

そこで、この記事ではスララーナの成分についてまとめましたので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

>> 初回購入が80%OFFのスララーナのキャンペーン情報を見てみる >>

スララーナの効果はむくみ改善だけでない!

スララーナの一番の特徴は、血管やリンパの働きを制御する「Tie2」(タイツー)と呼ばれる受容体を活発にする成分が多く配合されているところです。

従来のむくみ解消のサプリメントは、体の代謝を活発にすることでめぐりを良くする商品が多いのですが、それだけだと正直効果を実感できないという方もなかにはいます。

そこでスララーナは、体の代謝を良くすることに加えTie2を活性化させることにも着目しました。

その結果、毛細血管を元気にし体の隅々まで温かい血液が行きわたるようになり、むくみだけでなく手足の冷え改善にも効果が期待できます。

また、それだけでなく燃焼サポート成分も配合されているので、むくみを解消しながらスリムでスッキリキレイな足だって目指せます。

むくみが改善されるうえに、脚までキレイになるなんてなんだかちょっとうれしいですね♪

スララーナには3つの有効成分が配合されている

 

スララーナには、むくみを解消する成分だけでなく美容や健康をサポートする成分も含まれています。

  • Tie2の働きを活性化する「スッキリTie2成分
  • 血液やリンパのめぐりを良くする「サラサラ成分」
  • 脂肪の燃焼を活発にする「メラメラ成分」

スッキリTie2成分

「スッキリTie2成分」は、主にTie2の働きを活性化するための成分です。

ヒハツ

ヒハツはコショウ科のツル性植物で主にコショウ同様スパイスとして使用されています。

ヒハツには血管細胞の受容体Tie2働きをサポートするということがわかってきて、最近注目されている成分です。

ハス胚芽エキス

ハスはスイレン科の植物でハスの実の殻を除いた部分がハス胚芽になります。

ハス胚芽エキスは古くから美容効果成分として使われていて、最近ではTie2の活性化成分としても多く使われています。

月桃葉エキス

月桃はショウ科ハナミョウガ属のハーブで、主に熱帯地帯に多く生育している植物です。

月桃から抽出されるエキスには、Tie2の働きを活発にするだけでなく抗酸化作用にも優れています。

スターフルーツ葉エキス

スターフルーツは熱帯アジアに多く生育している果物で、名前の由来は果実の断面が星の形をしていることからきているようです。

スターフルーツ葉エキスにはTie2を活性化させることで代謝がアップし美容効果として抗シワ作用が見込める成分です。

ビワ葉エキスパウダー

ビワは桃や梅・桜などと同じバラ科の植物です。

ビワの葉エキスはビワの葉をアルコールに漬け込んで抽出したもので、ビワの葉に含まれるタンニンやサポニンという成分は体のめぐりをサポートし、体内の老廃物が排出しやすくなります

サラサラ成分

サラサラ成分は、血管やリンパ間のめぐりを良くする成分です。

赤ブドウ

赤ブドウには血管に必要なポリフェノールがワインの100~300倍含まれていて血管をしなやかにしてくれます

イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキスにはドロドロとした血液をサラサラにし、血液の循環をスムーズにしてくれるので、めぐりが良くなります。

メラメラ成分

メラメラ成分は、脂肪の燃焼をサポートする成分です。

トマト色素

トマト色素には脂肪燃焼スイッチをオンにする働きがあります。

また、美肌に導いたりといったキレイをサポートする成分が多く含まれています。

スララーナには、これらの厳選された自然由来の素材成分がバランスよく配合されています。

また、口に入れるものだから衛生面が心配という方もいるかもしれませんが、スララーナは衛生基準をクリアしている国内のGMP工場で生産しているので安心です。

まとめ

スララーナの成分について紹介しましたがいかがでしたか。

スララーナは、厳選された自然由来の素材を使って国内の衛生基準をクリアした工場で生産しているので、安心して使用することができます。

>> 初回購入が80%OFFのスララーナのキャンペーン情報を見てみる >>